きんぴらとベジツナマヨの玄米おにぎらず♪

先日のランチ会でお出しした、

「きんぴらとベジツナマヨの玄米おにぎらず」

のレシピをご紹介します!

突如世に現れた、にぎらないおにぎり、「おにぎらず」。

流行りものには疎いのですが、
母と試しに作ってみたら、これがなんとも楽しくて、ハマりました。笑

食べ応えのある仕上がりにしたくて、色々試作した結果、
きんぴらとベジツナマヨ風(一度作ってみたかったのです!)の組み合わせに決定~☆

まずは、中身のきんぴらを

材料

・牛蒡
・人参
・醤油
・ごま油

つくりかた

①牛蒡と人参は千切りにする。
②鍋にごま油を熱し、牛蒡のツンとした香りが甘い香りになるまで弱火でじっくり炒め、人参も加える。
③ひたひたより少なめのだし汁(水でも)を注いで弱火で煮、牛蒡がやわらかくなったら醤油を加えて、汁気がなくなるまで煮る。

次に、ベジツナマヨをつくる

材料

・高野豆腐
・だし汁
・塩
・醤油
・豆腐マヨネーズ(茹でて水切りした豆腐、白みそ、梅酢、レモン汁、塩、マスタード、バジル、ターメリック、なたね油)

つくりかた

①高野豆腐のベジツナを作る。高野豆腐をぬるま湯で戻して水気を絞り、フードプロセッサーにかける。(ツナっぽい食感を出すために、細かくしすぎないのがポイント♪ツナと同じぐらいの粒子になったら止める。)
②鍋に①とだし汁、塩、醤油を入れ、汁気がなくなる手前まで煮る。味を調えて出来上がり。

③豆腐マヨネーズを作る。材料全てをフープロにかけ、お好みの味に調える。

④②と③を合わせる。ベジツナマヨの出来上がり!

さて、肝心のおにぎらずのつくりかたは…


海苔を広げて、対角線上に四角く ご飯→具→ご飯の順に置きます。


四隅をきっちり折り畳んで出来上がり!

(畳む時、かなりキツめに畳まないと崩れやすい&切りにくいです)

作っているうちにだんだん上手になります!

私も何十個も作った末、大分手際良くできるようになりました~♪


(これは裏側です)

ってこれじゃあ、写真が少な過ぎてわかりにくいですね。

動画などもあるので、そちらを参考にしてください。。笑

しばらく置いて海苔がしっとりしてご飯となじんだら、半分に切ります♪


このとき、断面がキレイに出ているとかなり嬉しいです。

この喜びを、あなたにも!

あり合わせのおかずで手軽に出来るので、ぜひ色々お試しください~。


それにしても、このツナマヨもどき美味しいです。

きんぴらとの相性も抜群!!

サンドイッチに挟んでも美味しいだろうなぁ…。今度試してみよう♪

天然マグロは、「現在地球上からその姿を消しつつある」と言われるほど数が減ってきているらしいので、

生態系を守るという意味でも、ツナっぽいものを食べたいときにいかがでしょうか~?

ちょっと手間がかかりますが、作る工程も楽しいので時間があるときにぜひ^^


豆腐マヨネーズは、塩分やコクなどお好みで調節してください。

私は、油少なめで梅酢&レモン汁多めのさっぱりな感じが好きです♡


中身次第でアレンジは無限大♡

食べやすく持ち運びもしやすいので、お弁当にもオススメです^^

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者で、フリーランス料理家&ライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。美味しいものを食べることと料理が好きで、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティックの月刊誌「むすび」に連載など。