まるごと蕪のファルシ♪ごぼう味噌詰め

まるごと蕪のファルシ♪

という、私にしては珍しく少し凝った(?)ものを作ってみました~。

でも簡単なのですが。笑

「ファルシ」とは和製仏語で、詰め物料理のことだそうです。

中に詰めたのは、ごぼう味噌!

ごぼう、玉ねぎ、長ねぎ、生姜をみじん切り(フードプロセッサーでやると簡単!)してウォーターソテー、味噌と醤油、みりんでしばし煮込んで出来上がり。

中身をくり抜いて、竹串がスッと通るまで蒸したかぶに詰めました。

もちろん蓋も食べられます。
楽しい~♡


かなり簡略化しちゃいましたが(笑)、参考にしたのはこちらの本。

柔らかくみずみずしいかぶとしっかり味のごぼう味噌、相性抜群でした^^

グリルしたズッキーニにも乗せてみましたが、
こちらもジューシーなズッキーニと良く合う~!

生のキュウリに付けてまるかじりしても美味しそうです。

夏野菜がどんどん穫れる季節ですが、
冷房や冷たい飲み物などで想像以上に身体を冷やしている現代人は、
トマトや茄子ばかり食べていると冷え過ぎてしまいがち。

今は大丈夫でも秋口に皺寄せが来るので(経験済み)、
この時期からバランスを取っておきたいものです。

こんな根菜類も上手に取り入れながら、夏を乗り越えましょ~♪

手軽に作れるごぼう味噌、オススメです!

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者でフリーライター、料理家。約15年前から、マクロビオティック、ヴィーガン、菜食中心のライフスタイルを送る(これまで薬のお世話になったことがないのがひそかなプチ自慢)。京都で7年の学生時代を過ごし、東京で料理雑誌の編集を経て、自然豊かな千葉県鴨川市にUターン。マイブームは野草料理で、特に好きな野草はよもぎとつくし。