夏ごはん♪賀茂茄子の味噌田楽など。

久々に割としっかり料理しました~!

このところずっと「一汁か一菜」スタイルだった私にしては豪華な、一汁二菜ごはん。



では、簡単にそれぞれの作り方をば…♪

■焼きとうもろこしご飯

【材料】
○玄米ごはん
○とうもろこし
○塩
○醤油

【作り方】
○とうもろこしは芯からはずしてバラバラにし、塩ひとつまみしてウォーターソテー。

○水気がなくなったら醤油をジュッとして焦げ目を付ける!

○ごはんに混ぜ込むと、焼きとうもろこし味の混ぜご飯の出来上がり。

玄米と良く合い食べやすくなるので、この時期にオススメです☆

■トマトとわかめと玉ねぎのお味噌汁

【材料】
○トマト
○玉ねぎ
○わかめ
○お好みの味噌
○だし汁

【作り方】
○トマトの上に玉ねぎを重ねて塩をひとつまみ、ひたひたのだし汁を入れて重ね煮

○玉ねぎが透き通ったらわかめを入れ、味噌を溶き入れて出来上がり!

トマト入りのお味噌汁、爽やかな酸味が加わって美味しかったです。

トマトと味噌って相性いいのですよね♪

私はいつもラタトゥイユの隠し味に味噌を入れるのですが、
それなら味噌汁にトマトでも合うはず!と思ってやってみたら案の定でした!

熱々でも、冷製にしても美味しいお味噌汁です!(両方試し済み、笑)

■オクラとモロヘイヤの梅醤油和え

【材料】
○オクラ
○モロヘイヤ
○醤油
○梅酢

【作り方】
○オクラとモロヘイヤは、さっと下茹で。(両方とも水溶性食物繊維が豊富な野菜なので、茹で汁は味噌汁に活用!)

○オクラは輪切り、モロヘイヤは粗みじんにして醤油と梅酢で和える。

よく冷やして頂くと、さっぱり美味しいです!

ネバトロ好きにはたまりません♡

■賀茂茄子の味噌田楽

【材料】
○賀茂茄子
○塩
○なたね油
(以下タレの材料)
○お好みの味噌
○みりん

【作り方】
○賀茂茄子は分厚めにカットし塩をふり、なたね油でじっくり蒸し焼き。

○みりんは煮沸してアルコールを飛ばし、味噌を溶き伸ばしてタレ完成!

○茄子の上にタレを塗って出来上がり。

上の写真だと分かりづらいのですが、タレは2種類の味噌で作ってみました~!


赤味噌と白味噌、両方試したくて。

赤味噌だけだと辛いし、白味噌だけだと甘いし、結果的にちょうどよかった~♪

実は、茄子は十分厚くカットしたつもりだったのですが、
火が通ったら薄くなってしまい…、3枚分重ねてます(笑)。

薬味は、紫蘇、胡麻、生姜で☆


夏野菜たっぷりで満足ごはんでした^^

いやぁ、品数が多いと(って言ってもそこまでじゃないけど)、書くことが沢山だ~!

レポートも提出し終わりようやく夏休みに入り、やっとじっくり料理できましたが、
そろそろ修論も書き始めないとですしやることは満載。

頑張ります!

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者で、フリーランス料理家&ライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。美味しいものを食べることと料理が好きで、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティックの月刊誌「むすび」に連載など。