食器、生活雑貨、古本…世界中の可愛くて古いものが集まる、「東京蚤の市」に行ってきました。


私の戦利品


さてそれでは、私が蚤の市で買ったものをご紹介します♪

その1

まずは、巡さんの大福。


お餅に色んな雑穀が入っていて食感が楽しく、餡の甘さも控えめで、生地とのバランスもちょうどいい感じ。
歩き疲れた身体に沁みました…。

とっても美味しかったです。これはまた食べたいなぁ。

実店舗が代々木上原にあるそうなので、近々行ってみたいです!

お店のHPはこちら

その2


カラフルでのびやかな模様に惹かれて購入した、やちむんの器と、豆皿2枚。


長方形のお皿も豆皿もほとんど持っていないので、手に入って嬉しい〜。

使うのが楽しみで仕方ありません。

その3


色彩感覚の素晴らしさに一目惚れし、これは浴衣に合わせたい…!と思って買った、

日本のヴィンテージうちわ2枚(各300円)。

なんと、昭和30年頃のものだそう。


岡山から来られていたお店で購入したのですが、ご主人曰く、地元ではこういうのがまだ沢山残っているのだとか。

それにしても、なんと美しくみずみずしい絵なのでしょうか…。

昔の人の感性は本当に素敵ですね。

とても綺麗な状態なので、きっと使われずにどこかにしまわれていたのでしょう。

と思ったら、裏側はそれなりにボロボロでした。笑


これも、味…♡

その4


古雑誌と本たち。
どれも、元の値段の半額以下でした!


なかなか手に入らない10年前の「うかたま」や、「&Premium」の創刊号(!)があったり、雑誌マニアの私は、かなり興奮して色々買ってしまいました。

時を経た今でも興味深い特集が多く、これでも絞ったつもり…。笑

雑誌は鮮度が命と言われがちですが、そんなこともないですね。
とりわけ生活の知恵やレシピなどは、ずっと役立ちそうです!

万葉集の恋歌を集めた本は絶版になっているもので、安く買えてラッキーでした♡
大学時代は文学部の国文科だったこともあり、和歌、特に万葉集の歌が大好きです。

この本、新装版も出ているみたい。


これまた絶版になってしまっている、ペイネの愛の詩集にも目をつけていたのですが、後でまとめて買おうと思っていたら、どこのお店にあったものかわからなくなってしまいました…。

今、中古でこれを買おうか迷い中です。笑


おわりに


初参戦した蚤の市は想像以上に楽しく、つい色々購入してしまい、大満足の結果となりました!

荷物があまりにも重過ぎて、次の日に全身筋肉痛だったのは言うまでもありません…。笑

そういえば、蚤の市という言葉を初めて知ったのは子供の頃だったと思うのですが、記憶を辿ってみたらこの絵本の存在を思い出しました。

母が定期購読してくれていた、福音館書店の「こどものとも」の1冊。

怪しげなものが色々出てきて、とても好奇心をくすぐられたのを覚えています。

(出典:http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=2693

発行が20年前のものだし、月刊誌なので流石にamazonにはありませんでしたが…。笑

いつか蚤の市というものに行きたいな〜と思っていたので、20年越しの夢が叶ったようで嬉しい!

うーん、また行きたいなぁ〜!!

全国の蚤の市開催情報はこちらです。

歴史を感じさせる古いもの、手作りのものが好きな方ならきっと楽しめるはず。
ぜひ、お近くの蚤の市に足を運んでみてください。

もちろん現地でカード払いなどはできないので、
少し多めに現金を持って行くのをお忘れなく

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました…!

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織(おおくにさおり)

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。