玄米もち米の中華ちまき△△

一度やってみたかった、

玄米のもち米&竹の皮でちまき^^

実家帰省中に作りました♪

△玄米もち米の中華ちまき△レシピ

材料

・玄米もち米
・きくらげ
・たけのこ
・人参
・干し椎茸
・えんどう豆
・甘栗
・生姜
・松の実
・クコの実
・醤油
・塩
・竹の皮

つくりかた

①玄米もち米は、圧力鍋で普通の玄米と同じように炊く。

②具材(何でも!)を炒め合わせ、塩と醤油で味を調える。

③炊きあがったもち米に具を混ぜ込む。予め水に濡らしておいた竹の皮で包み、せいろで(15~20分ぐらい?)蒸して出来上がり♪


実家にせいろがあったので、どうせなら!と使いましたが、
普通の蒸し器でも出来るはずです~。

包み方は、動画を見るとわかりやすくてオススメです。(またこのパターン。。笑)

色々な包み方があるようですが、
今回は、中身が沢山詰められそうな立体的なやり方で♪


白米のもち米で作るちまきは、お米を具と一緒に炒めてから蒸して作るようですね。

玄米のもち米はそれだと火が通るのに時間がかかりそうだな~と思い、
予め炊いてから蒸しました!

具を炒める際、ちまきに合いそうなものをあれこれ見つけて入れてしまい、
かなり具沢山でカラフルな感じに♪


(こんなに色々入れなくても、全然大丈夫ですので~。笑)

ちまきは何と言っても、ふわ~っと香る竹の皮の香りが最高です!!

美味しさの重要なポイントなので、
折角手作りするならクッキングペーパーやアルミホイルでなく、ぜひ竹の皮で…♡

ただ、市販のものは薬品処理しているものが多いそうなので、気を付けてください。
竹の皮自体、防腐力や抗菌作用に優れているのに、更に薬品処理なんてしなくていいのにね~!


このちまきを置き土産に、私は京都に戻ってきたのですが、
冷蔵庫に入れておいた次の日も、もちもちで美味しかったようです!

コンパクトで携帯しやすいので、お弁当にもいいかも…^^


※追記 家族約1名に、クコの実が合わない~と言われました!
しょっぱい中に、甘いものが入っているギャップが苦手だそうで。。

私はクコの実ってお菓子に限らず好きなのですが、
もしかしたら苦手かも、という方はお気を付け下さい☆

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。