玄米おこげの夏野菜あんかけ♪

夏野菜が食べたいけど身体を冷やし過ぎないようにしたいな、

というとき良く作る定番、玄米おこげの夏野菜あんかけ♪

*玄米おこげの夏野菜あんかけ*レシピ

材料

・玄米ごはん
・ある野菜何でも(今回は人参、玉ねぎ、南瓜、オクラ、モロヘイヤ)
・昆布だし汁
・塩
・醤油
・おろし生姜
・葛粉(同量の水で溶いておく)

つくりかた

①玄米ごはんをフライパンに広げ、弱火でじっくり焦げ目を付ける。

②野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切る。

③人参、玉ねぎ、南瓜をだし汁で煮込み、ある程度火が通ったらオクラとモロヘイヤを加える。

④塩、醤油、おろし生姜で味を調え、水溶き葛粉でとろみをつけて出来上がり。あんを玄米おこげにかけて頂く。


入れる野菜は、そのときにあるもの何でも♪

だしをとった昆布も、角切りにして一緒に入れちゃいました!

生姜の効いたあんで、さっぱり頂けます。

カリッと焦げた玄米との相性も抜群!!

今回はあまり身体を冷やしたくなくて温かいまま頂きましたが、
冷製のあんかけにしても美味しいと思います☆

(冷えると葛粉は固まる性質があるので、その場合はとろみを控えめに♪)

旬の野菜を使えば、一年中通用するメニューですね。
寒い季節は、根菜ごろごろ入れて作りたいな~。

にしても、人参やオクラの断面の美しさには、
いつも見ても本当に惚れ惚れします(*> U <*)

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者で、フリーランス料理家&ライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。美味しいものを食べることと料理が好きで、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティックの月刊誌「むすび」に連載など。