材料選びから、パリッと焼くコツまで! おいしい野菜餃子の作り方

私(@saoriyomogi)の好きな料理ベスト3に間違いなくランクインするのが、
野菜のたっぷり入った焼き餃子…!

何かとイベントが増える季節ですが、
そんな大勢が集まるシーンにもぴったり。

中身はもちろん100%植物性の材料で作るのですが、
これがなかなか好評で、おもてなし料理の定番です。

お肉のかわりに使うのは、こちら♪


蕎麦の実です。
「粒そば」ともいいますね。

その名の通り、蕎麦を粉にする前の状態のもの。

この蕎麦の実独特の食感が、
なんともひき肉に似ている…気がするのです!

よく見ると、一粒一粒の三角形のフォルムも可愛くて。

北海道産 有機栽培実そば(200g) 北海道産 有機栽培実そば(200g)
Amazon



それでは早速、私の大好きな野菜餃子の作り方をご紹介します( ´ ▽ ` )ノ

*蕎麦の実と野菜の焼き餃子*レシピ

材料(40個分)

・蕎麦の実  1カップ
・キャベツと白菜  合わせて4枚
・ネギ  1本(小口切り)
・ニラ   1束(みじん切り)
・えのき 1袋(みじん切り) 
・れんこん 1節(すりおろす) 
・生姜  ひとかけら(すりおろす)
・葛粉 大さじ1〜
・塩  小さじ1
・ごま油  適量
・餃子の皮  40枚

つくりかた

①鍋を熱し、蕎麦の実をから煎りする。パチパチはぜて香ばしい香りがしてきたら、1.5倍の水を加えフタをして火が通るまで(20分ほど)炊く。


②キャベツと白菜に塩をひとつまみ振り、軽く蒸し煮する。


これは、かさを減らすため。
以前生のまま刻んで具にしたところ、焼き上がりの中身がスカスカになってしまったので、この一手間は惜しまないようにしています!

③②を粗いみじん切りにする。


それにしても、なんて美しい緑色なのでしょう…♡

もちろんキャベツと白菜どちらかだけでもいいのですが、個人的には両方入れた方がおいしい気が。
白菜の旬がそろそろ終わってしまいそうなので、贅沢に2種類使ってみました!


さて、蕎麦の実が炊けました。


この蕎麦の実ですが、醤油と海苔をかけて食べると最高においしいのです!

おつまみにもよさそう〜。


④具を作る。②のキャベツと白菜、蕎麦の実、ネギ、ニラ、えのき、れんこん、生姜、葛粉、塩を混ぜ合わせる。


すりおろしの蓮根と葛粉はつなぎの役割です。
蓮根が手に入らない時期は、葛粉だけでも大丈夫
もしも具があまったら…

おそらくこの分量だと、皮に対して具が余るかと思います。笑

そんなときの使い道
その① ごま油で炒め、醤油とラー油で風味付け。美味しいごはんのおともになります!
その② ①をチャーハンの具にする。玄米とも相性バツグン。
その③ ①を麺の具にする。中華麺やうどんによく合います◎

私はこうやって使い回して楽しみたいので、あえて多めに作るのが好きです^^

餃子の皮は、金子製麺さんのこちらを使いました。



⑤いよいよ包んでいきます。
「大皿に餃子の皮を並べ→スプーンなどを使って具を乗せ→包む」の繰り返しが一番速くできる気が!


包んだところ。


⑥フライパンにごま油を熱し、餃子を並べて焼く。

真ん中は火が強いので、最後に乗せるのがまんべんなく焼き色をつけるポイント☆


⑦ある程度カリッとして焦げ目が付いたら、水1㎝ほど一気に加えフタをして蒸し焼きする。


⑧水分が完全に飛び、焼き目がパリッとするまで焼く。

フライ返しで全体をはがし、お皿を逆さに押し当てて裏返せば…


この通り、パカッと綺麗な仕上がり!!


焼きたて熱々を頬張りたいので、急いで写真撮りました。笑

口いっぱいに溢れる、肉汁ならぬ野菜汁…。たまりません!
野菜だけでも、こんなにジューシーな餃子は作れるのですね〜˃◡˂

白菜やキャベツのザクッとした食感の中に、
薫り高い蕎麦の実がいいアクセントになっていて、
まさに体の底から元気がみなぎるパワーフードです。


ちなみに餃子は、醤油:お酢:ラー油=3:1:ちょろっとぐらいで食べるのが好み。
とまらない美味しさで、いくつでも入ってしまいます…。

白菜が手に入るうちに、
ぜひ一度お試しあれ*\(^o^)/*

今回は市販の餃子の皮を使いましたが、
皮から手作りする自家製餃子も、もっちもちで絶品なので、
いつかご紹介しますね!

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。