具材は何でも!いろいろ野菜の胡麻ネギだれ丼☆夏ver.

最近こればっかり♡な、野菜の胡麻ネギだれ丼。

これ、とっても美味しい~!!
母に教えてもらったレシピです♪

ある材料に変えたりしていたら、元のものとはちょっと違ってしまいましたが・・汗

ポイントはタレなので、野菜は何でもOKだそう。
それでは作り方をどうぞ!

具材は何でも!いろいろ野菜の胡麻ネギだれ丼☆夏ver.

材料

・お好みの野菜
(今回はズッキーニ、玉ねぎ、人参、長いも、アスパラガス、キャベツ、はたけしめじ)
・塩 ひとつまみ

(以下、胡麻ネギだれ)
・ネギ
・醤油
・白ごま

・玄米ごはん

つくりかた

①胡麻ネギだれを作る。白ごまを炒り、すり鉢であたる。ネギはみじん切りし、醤油と一緒にすり鉢に入れて和える。(醤油の分量は、大体ごまとネギ全体に絡むぐらい?)

②はたけしめじ、キャベツの芯部分、玉ねぎ、人参を下から鍋に重ね、塩ひとつまみしてじっくりウォーターソテーする。

③ある程度具材に火が通ったら、長芋、ズッキーニ、アスパラガス、キャベツも加えてさっと炒め合わせる。

④①のタレを加えて野菜全体に混ぜ合わせる。玄米ごはんにかけて、出来上がり。

気に入ってしまいもう何回もこればっかり作ってますが(笑)、ごぼうや大根、わかめなど入れても美味しかったです。

これからの季節なら、茄子やピーマンも合いそう。野菜が沢山食べられるし、いいなぁ~♪

それにしても、この胡麻ネギだれ……!

すり胡麻がたっぷり入っているおかげで、ノンオイルなのにすごいコクで満足感大♪

一晩置いておくと、ネギの香りがタレ全体に移ってより美味しくなります♡

炒め物や和え物など、色々万能に使えそう~。そのまま素麺のタレにもなりそうです!

このレシピのポイント(?)

これは私の横着ワザですが、すり鉢にネギと醤油を入れて混ぜ合わせることで、すった胡麻がきれい~に取れるという利点が……!

すり鉢の溝にくっついたごまが、醤油の上にどんどん浮かび上がってくるこの快感、ぜひ体験してみてください♪笑

あとは、大根とわかめのお味噌汁と、そら豆とスナップエンドウの梅酢浸しでした。

いつも、超絶シンプルな「玄米+一汁か一菜」スタイルなので、久々にちゃんと料理した気分!笑

野菜の色形の美しさに、癒されっぱなしでした。今日もごちそうさまでした~^^

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者でフリーライター、ヴィーガン料理家、イラストレーター。8年ぶりに千葉県鴨川市の実家に戻り、田舎暮らし満喫中。目下のマイブームは野草料理で、好きな野草はよもぎとつくし。一日一食、温冷浴、裸眠などを実践する健康オタクだが、板についてしまった夜型生活はなかなか改善せず。