世界初開催!パリが恋した、野菜を使ったケーキのようなお寿司vegesushiパーティに参加してきました。

先日、大好きな京都に弾丸で行ってきました!

京都は、私(@saoriyomogi)にとって、
学生時代の貴重な7年間を過ごし、
思い出のたくさん詰まったかけがえのない場所です。


さて今回訪れた主な目的の一つは、
友人達の開催する、野菜寿司作りの体験イベントに参加すること♪

魚介類を食べないベジタリアンの方が多いパリで、
野菜を使ったお寿司 「VEGESUSHI」が一躍話題となり、
今や日本各地でも引っ張りだこの彼らは、
hoxai kitchenというユニット名で幅広く活動しています。

hoxai kitchen(ホクサイキッチン)とは?

フードデザイナーのGen、ベジタリアンシェフのKei、野菜ソムリエのJunからなる三人組。
寿司をアートの表現方法と捉え、パーティーを華やかにするVEGESUSHIを制作。
パリやベルリンなどの欧州の都市で活動し、既存の寿司の枠にとらわれないアイデアを発信している。

彼らの活動PVです。
パリのさわやかで開放的な空気感が伝わってくる、素敵な映像。



最近は 「VEGESUSHI」がテレビ、ラジオ、雑誌などの各種メディアでも取り上げられ、
新刊のレシピ本も大人気だとか!

 
 

四季折々の食材を使った野菜寿司のレシピのほかにも、
パリやベルリンでの生活の様子がコラムとして綴られていたり、
まるで写真集のような、美しい装丁の本です。

第1部:今話題の「VEGESUSHI」を実際に作ってみる!

hoxai kitchenは三人組ユニットですが、
今回はそのうちのお二人が来ており、
VEGESUSHIの作り方をデモで丁寧に教えてくれました。

フードデザイナーのGenさん。


押し寿司の木型の中に、
色とりどりの野菜と酢飯とを交互に重ね、
蓋をして押す、という順序で作っていきます。

このような型がなくても、
パウンドケーキ型やタッパーでも代用できるそうです。

ベジタリアンシェフのKeiさん。


二人とも、着物姿が粋でかっこいい〜。
これは海外受けするなぁ。笑

作り方のコツを学んだ後は、
いよいよ各自で一台ずつ作ります!

個性とアイディア溢れる、
皆さんのVEGESUSHIたち。


野菜の色合いって本当に美しいですね。
そして、作る人によって全く違ったものになるのが楽しい…。


私の作ったものはこちら。
ちょっと盛り込み過ぎ?笑


出来上がりをイメージしながら作っても、
その通りにはならないところも面白いです。

楽しかった〜!!


ズラッと並ぶと圧巻…!



この華やかさ、
おもてなしやパーティにぴったりですね♡

いつの間にか試食タイムに突入していたようで、
久しぶりに再会した友人との会話に夢中になったりしていたら、
なんといつの間にかお寿司が全てなくなっており、
私は自分が作ったものの切れ端しか食べられず…^▽^;

でも、さっぱりしているのに食べ応えがあり、
色々な野菜の食感も楽しく、
想像以上にとても美味しかったです!
今度、自分で作ってたくさん食べよう。。笑

第2部:出版記念トーク

後半では、お二人のトークショーも。


VEGESUSHIの誕生秘話や、
ヨーロッパで初めて出会って驚いた食材は?
ドイツ人は食意識が高くて、キッチンにどんこ(椎茸)が置いてある家庭も!
など、興味深いお話がたくさん飛び出しました。

いつも、まるで遊ぶように楽しげに活動している彼ら。


そうしてあちこちで沢山の人を楽しませている様子を見ると、
仕事って、本来こうやってするものだよ〜!
と、とても大切なことを教えてくれているような気がします。

肝心のVEGESUSHIは、思っていたよりもカンタンに、
そして楽しく作れるということがわかり、
レシピ本の片っ端から、
色々なお寿司にチャレンジしてみたくなりました♪

アレンジ次第で無限の可能性があるVEGESUSHI。

今までにない、
アートのような野菜寿司の本はこちらです。

これからも、彼らの活躍が楽しみでなりません…!

http://vegesushi.eu/jp/

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

SAORI

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。