【世界が動き出す、その日まで…】千葉のド田舎を散歩したら、ウユニ塩湖みたいな神秘的な写真が撮れてしまった。

ここ最近はなんとなく引きこもり生活を送っていたけれど、運動不足過ぎて爆発しそうになり、近所を散歩&ジョギングしてきた!

私の住む千葉・南房総は、場所にもよるけれど、基本的にかなりのド田舎である。

遠くの方で、女の子と犬が散歩していて和んだ。

普段から全然人がいない田舎なので、ソーシャル・ディスタンスもばっちり!笑

歩きたいときに歩き、走りたいときに走る。たまに、大声で歌う。

フレッシュな空気! 頬を優しくなでるそよ風!

散歩、気持ちよすぎ……!! 

どうして、こんなにいいものをこれまでしてこなかったのか。

心身の健康のためにも、これからは毎日しようと思った。笑

田んぼに水が張られ、蛙たちの大合唱が楽しい時期!

まるで日本昔話か何かに出てきそうな、のどかなあぜ道を歩く。

するとあたり一面に、驚くような絶景が広がっていた。

一点の曇りもない、鏡のような水面! 

これは……、すごい!!

まるで、ウユニ塩湖のようだ……!!!!!(行ったことないけどw)

空と山々が、田んぼの水面に反射しているだけなのに。

そのあまりの美しさに、思わず息をのむ。

田植えしたばかりの田んぼもちらほら。

夕方、刻一刻と色が変わりゆく、この瞬間が本当にたまらない。

一瞬、一瞬がマジック・アワー! 

ずっと見ていても飽きない。

自然の生み出した魔法のような景色、、、時間を忘れて見惚れてしまう。

ふと空を見上げれば、一番星が!

広角レンズで撮るとこんな感じ。 

壮大〜!!

なんだか「君の名は」の世界観のようだ。

夕焼けのグラデーションが美しい……! ブルーとピンクの色合いが大好き。

私は夕焼けを見るといつも、「あわい(あはひ)」という言葉が思い浮かぶ。

あわいは古語で、「二つのものの境界」とか、そういった意味合いがある。

夕焼けは、「昼」と「夜」のあわい。

二つの異なったエネルギーが混じり合う、絶妙に美しい瞬間。

私達は今まさに、「あわい」の時代を生きている。

世界が大きく変わろうとしているこの瞬間を、生きている。

未だかつてないほど世界中が静寂に包まれている今、私達は、自分自身を見つめ直す絶好のチャンスを与えられている。

私はずっと海外に行きたい行きたいとそればかり思っていたけれど、自分の住んでいるところにこんな絶景が広がっているなんて、気付かなかった。

灯台下暗し……!!

今は外国に世界遺産を見に行くことはできないけれど、美しい景色はきっとすぐそばにもある。

自分の足元にあるかけがえのないもの、本当はすでに持っているたくさんの宝物に、気付かされる毎日。

私が生きているうちにまさかこんなSFみたいな日が来るとは、想像もしていなかった。

この閉ざされた時間の中で、世界が動き出すその日に思いを馳せながら、これまで見落としていた大切なものを拾い集めて過ごしていきたい。