新幹線岡山駅からバスで5分、玄米ごはんに野菜たっぷりのボリューム定食が嬉しい「野菜食堂こやま」

こんにちは。先日、生まれて初めて四国の地に足を踏み入れた私(@saoriyomogi)です。

主に徳島と高知を旅してきたのですが、美味しいものや思いがけない人達との出会いに恵まれ、想像以上に充実した旅になりました!


さて、往路は新幹線で岡山まで行きそこから特急に乗り換える経路で行ったので、岡山の気になっていたお店「野菜食堂こやま」でお昼を食べることに。

ここがもう、わざわざ途中下車してでも行きたいくらい素敵なお店だったのでご紹介しますね。

岡山の「野菜食堂こやま」は玄米と野菜たっぷりの定食が最高に美味しい!

アクセス

岡山駅からお店までは約1㎞なので歩ける距離ではありますが、今回は荷物が重かったのでバスを利用。岡山は鉄道よりも、バスか路面電車が主な移動手段だそうです。

駅前のバス停「岡山駅前」から「NTT岡山前」まで、2ストップで5分弱。バス停からは徒歩1分ほどで到着です。

レトロで可愛らしい店構え。

かぶの看板が目印です。


入るとすぐ階段があり、2階がお店です。

店内はお座敷になっていて、靴を脱いで上がります。


まるでおばあちゃんの家に帰ってきたかのような、ほっとくつろげる和の空間。

飾られている野菜の絵がかわいい〜。


空いたタイミングを狙って撮影させてもらいましたが、ランチタイムは終始、地元のお客さんで賑わっていました。

メニューはこちら。


日替わり定食や車麩のカツカレーなど、身体に優しそうなこだわりのラインナップ。


重ね煮の料理教室も行っているようです。

重ね煮とは、陰陽論でいう陰性(=身体を冷やす性質)の野菜を下に、陽性(=身体を温める性質)の野菜を上に、鍋へ順に重ねて煮る調理法。

こうすることで上に上がろうとする力と下に下がろうとする力が影響し合い、甘みやうまみの引き出された味わいに仕上がります。

私も以前通っていた料理教室でこの重ね煮を教わり、時間があるときはこの方法で作っていますが、本当に味が全然違うのでびっくりです。

壁には野菜の陰陽表が。


玄米ごはんに野菜たっぷりのボリュームランチ


そうこうしているうちに、私の注文した「お楽しみ昼ごはん(1,500円)」が到着。

小豆入り玄米ごはんに、重ね煮のお味噌汁、野菜たっぷりのおかずたち。


小鉢を使ったカラフルな盛り付けに、気分が上がります…!


おかずはさっくり揚がった車麩カツのほか、ちょっとピリ辛のラタトゥイユ、さつまいもとししとうのレモン煮、茄子と万願寺唐辛子の味噌炒めなど。

どれもご飯の進むしっかりした味付けながら、丁寧に作られたのが伝わってくる美味しさでした。

メインがお魚のときもあるそうですが、事前にお願いすればビーガン(完全菜食)対応していただけるとか。メニューによっては、今回のように当日対応可能なこともあるそうです。

ちなみにごはんは炒り玄米の小豆粥か、白米に近い7分づき米も選べます。


かなりボリューミーでお腹いっぱいになり、大満足。

こやまさん、レシピ本も出版されているそうで気になります。チェックしてみよう〜。


私は京都より西に行くことって普段なかなかないのですが、機会があればぜひまた足を運びたいお気に入りのお店になりました。

ごちそうさまでした^人^

四国編はまた別記事にて…!

やさい食堂こやま お店情報

住所: 〒700-0825 岡山県岡山市北区田町1丁目3
電話:086-234-0315
平均予算:1000〜1500円
ランチ: 11:00~14:30
ディナー: 17:30~21:00
定休日:火曜日・月曜夜・水曜夜(月曜と水曜の昼は営業)
駐車場:無(近くにコインP有)
公式ページ:http://831580.com/

ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織(おおくにさおり)

このブログの運営者でフリーライター、料理家。15年前から、マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る(生まれてから一度も薬を飲んだことがないのがひそかなプチ自慢♪)。京都で7年の学生時代を過ごし、東京で料理雑誌の編集を経て、自然豊かな千葉県鴨川市にUターン。最近のマイブームは、これぞ田舎暮らしの醍醐味!野草料理で、一番好きな野草はよもぎ。