【東京】ラデュレ銀座店で、期間限定のヴィーガンメニューを堪能してきた!

こんにちは、サオリ・ムダムンダです(名前の由来は、ムダな思考と雑念が多過ぎるから)。

気付けば、超久しぶりすぎる更新に! 

ここ数ヶ月、20代を最後にして色々なことがあり過ぎて、言語化が追いつかず頭がおかしくなりそうです。それはまた追い追い……(笑)。

さて先日、マカロンで有名な1862年パリ創業の老舗パティスリーラデュレの銀座店にて、期間限定のヴィーガンメニューを頂いてきました。

こちらのメニューが楽しめるのは2019年11月5日(火)までなので、超ギリギリ! 

ということで取り急ぎ記事にします(毎度ながらギリギリ過ぎる)。

壁紙が可愛すぎるラデュレ銀座店で、期間限定のヴィーガンメニューを食べてきた!

ラデュレ銀座店があるのは、銀座三越の2階

一見靴売り場が広がっているので、どこ? と迷いかけましたが、案内板を見ればちゃんと辿り着きます(笑)。

マカロンカラーが可愛い〜。お昼時に行ったら混んでいて、15分ぐらい並びました!

(アフタヌーンティーは予約できるよう。食べたいメニューが決まっているなら、予約した方が確実かも)

こちらの店舗の特筆すべきは、何と言っても! 内装のインテリアがクラシカルで素敵すぎること……。

ロココ調というのでしょうか、マリー・アントワネットを彷彿とさせる世界観!

いるだけでエレガントな気持ちになれて、かなりときめきます♡ 気分が上がる〜!! 空間のパワーってすごい!!!!!

さて今回のお目当ては、マシュー・ケニーさん監修のヴィーガンディッシュ

彼はロサンゼルスを拠点に飲食店や料理学校を経営する、菜食料理のパイオニアです。

数年前からファンなのですが、そのお料理が実際に味わえるとあっては、行かない選択肢はありません!

彼の生み出す料理は見た目にも美しく、まさに食べる芸術……。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matthew Kenney(@matthewkenneycuisine)がシェアした投稿

料理本も何冊か出版されていて私も持っているのですが、写真集のようで眺めているだけで幸せ。

彼のインスタでも、その芸術的な料理の数々を見ることができます。

野菜本来の造形を活かした、アートな盛り付け。

ああ、美しい……。ほれぼれ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matthew Kenney(@matthewkenneycuisine)がシェアした投稿

そしてご本人は、俳優顔負けの渋めイケメン!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Finally home with this spoiled lioness for a couple days @rumple.thecat

Matthew Kenney(@matthewkenneycuisine)がシェアした投稿 –

料理の天才で動物好き、しかもイケメンだなんて、完璧か。笑

さて、肝心のメニューはこちら(下半分)。

全3種類があり、もちろんすべてオーダーするつもりだったのですが、なんと残念ながらシチューが売り切れ!

ということで、上の2種を頼みました。

こちらは、マリブ・メゼ(1,496円)。

ナスのキャビア仕立てのペーストに、色々なナッツやシードが焼き込まれたクリスピー食感のクラッカー、ラディッシュなどが添えられています。

いかんせん本物のキャビアを食べたことがないので比べられませんが(笑)、コクがあって香りもよくて美味しかったです。そして、全体の味と食感のバランスがすごく良かった!

こちらは、サラダ・ヴェニス・ビーチ(2,618円)。

レンズ豆、水菜、サツマイモ、ザクロ、アボカド、ビーガン・チーズなどを組み合わせたサラダに、アフリカ風だというハリッサ・ソースをかけて。

素揚げしてあるらしき角切りのサツマイモ、そしてザクロがいいアクセントになっていて、まさに秋のサラダという感じ! 

ビーガン・チーズは、燻製っぽいスモーキー風味で美味。ソースは、かなり辛かった! 真っ赤な色を考慮して、もう少し少なめにかけるべきでした(笑)。

出してくれたパン。普通のバゲットだけど、香ばしくてとても美味しかったです(3人で行ったので、一人一本)。こういう普通のパンが美味しいとポイント高い!

バターの代わりに、粗塩入りのオリーブオイルを添えてくれました♡ 気遣いが嬉しい〜。
 
流石にこれだけでは物足りなかったので、ベジタリアン対応メニューの中から一品頼みました。

トーキョー・ボウル(1,980円)、いわゆる蕎麦サラダ。

(こちらは常設メニュー。ソースに蜂蜜を使っていて完全なヴィーガンではありませんが、アガベシロップに変更も可能とのこと)

お蕎麦の上に具がいろいろ。

こちらも、アボカド・ローズがアーティスティック……! 

タレをかけていただきます。味噌とビネガーが効いていて、さっぱり美味しかった! 

ブロッコリー、アボカド、椎茸、枝豆、紫キャベツなどなど、具沢山で最高。

個人的に、この夏は蕎麦サラダにハマってほぼ毎日作っていたのですが(笑)、それのオシャレバージョンって感じ。勉強になる〜!

ティーも目移りするほど豊富。

アルコールも珈琲も飲めない私にとって、お茶類は飲み物の中でもかなりときめく分野!

紅茶もいいけど、ハーブティーが大好き。

散々迷ったあげく、レモンバーベナティーにしました。ティーポットで1,300円ぐらいという、かなりの強気価格(笑)!

ふわ〜っといい香りで癒される〜。

最後は熱いお茶で終わりたい性分なので、頼んでよかった!

全体的に価格設定はお高めですが、完全に場所代ですね(笑)。

上質でエレガントな空間をひたすら堪能いたしましょう♪

とくにヨーロピアンな雰囲気の壁紙がとても魅力的で、私は絵に描きたくなりました〜! 

天使、壺、絡まり合うツタ、半獣神?などなど、もうモチーフの一つ一つが激かわ! 訪れた暁には、ぜひマジマジとガン見して欲しいです。

この極上空間でボーッとくつろぐ時間……、幸せすぎる。

残念ポイントとしては、接客が結構適当なこと……。

スタッフさんはたくさんいるのに、なんだかあまり上手く回っていない感じで、何か頼んでも結構な確率で忘れられます(笑)。

感じはいいので、後味は悪くなかったのですが、サービス面ではあまり期待しない方がいいかも!

あくまでも超素敵空間を楽しむためのお店、という認識ぐらいの方が、ガッカリしなくて済むかなぁと。

そして、やっぱりひと皿の量も少なめなので、本場のロサンゼルスのお店にいつか行ってマシューさんのお料理を心ゆくまで食べたい! という新たな夢ができたのでした(笑)。

彼のホームページも生き方もめちゃくちゃカッコいいので、必見ですぞ♡

https://www.matthewkenneycuisine.com/

「ラデュレ銀座店」お店情報

住所:〒104-8212 東京都中央区銀座4丁目6−16 三越銀座店 2F 
電話:03-3563-2120
平均予算:1,500円〜
ランチ: 10:30 – 20:00 
営業日:基本的に定休日なし、銀座三越に準ずる
駐車場:
公式ページ:https://www.laduree.jp/