過ぎゆく夏を惜しむレシピ。いろいろ夏野菜のサッパリしそごまだれソテー

9月に入り、急に涼しい風が吹くようになりましたね。

大好きな夏がもう終わりを迎えようとしているなんて信じられない私(@saoriyomogi)です。


それでも、畑の夏野菜はまだまだとれる…!


ある日の収穫。かぼちゃ2種、ミニトマト、茄子、ピーマン、モロヘイヤ、青じそ。

(ピーマンをひとつ見落としていたようで、いつの間にか完熟して真っ赤な赤ピーマンに。笑)


今回は過ぎゆく夏を惜しみながら食べたい、最近お気に入りのレシピをご紹介します。

毎日同じようなラインナップの夏野菜たちを、一度に美味しく食べられるおかずがあったらいいな〜と考えたのがはじまり。

しそごまだれがどんな野菜とも相性がいいので、もっと早く思いつけばよかった…!と悔やみつつ、毎日のようにこればかり作っています。笑

夏野菜のサッパリしそごまだれソテーの作り方


材料


・お好きな野菜なんでも
(今回は、ミニトマト、かぼちゃ、茄子、ピーマン、モロヘイヤ、インゲン、玉ねぎ、人参、ゴボウ、わかめ)

・塩ひとつまみ

・青じそ(みじん切り+トッピング用千切り)
・白ごま
・醤油

つくりかた


①野菜は食べやすい大きさに切る。わかめは水で戻す。

②フライパンを熱し、火の通りにくいものから順に弱火でじっくりウォータースチーム(塩をひとつまみふり、油の代わりに水で炒めること)する。

③しそごまだれを作る。白ごまを炒り、すりばちで半ずりにする。青じそと醤油を加え、和える。

④②に③を加え、さっと炒め合わせて火をとめる。

できあがり。


いつもあり合わせの野菜もりもりで作るのですが、数えてみれば今回も10種類。笑

そんなに色々入れて味がまとまるの?と思いきや、コクがありつつもサッパリなしそごまだれが全体に絡んで、止まらない美味しさ!

しそ×ごまの組み合わせなので当然といえばそうですが、香りも爽やかで夏にぴったりです。

(ああ、来年は沢山作ろう…。)

醤油味を濃いめにして、丼にしても◎。

海藻を入れると磯の香りがプラスされて風味がよくなるので、私は汁物だけでなくこうしておかずにも使うのが好き。

わかめの代わりに海苔などもよく合います。

暑いとミネラルの消費も激しいので、それを補う意味でも積極的にとりたいですね。

今回は入れなかったけど、もちろんきのこ類を入れても。

そうそう、ミニトマトは火を通すと甘酸っぱさが引き立って、個人的には生で食べるより美味しいです♪


しそのお話〜秋編〜

6〜9月が旬のしそ。

夏が終わりに近づくと、葉が大きく育ちだんだん硬くなってきますが、
このレシピは、そんなしその利用法としてもオススメです。

最近のしそは、ゴワゴワして喉にひっかかるほど!
この間なんてそのまま食べたら派手に咳き込んでしまい、おさまるまで大変でした。笑

細かいみじん切りにして使えば気にならなくなるので、ぜひお試しあれ〜。
Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織(おおくにさおり)

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。