だしをとった後の昆布と椎茸の活用法!ごはんがすすむ、甘辛佃煮☆

丁寧にだしをとって作ったお味噌汁を飲むたびに、
こんなにも身に染みるものってないなぁ…
としみじみしてしまうのは私だけではないはず。

日本人でよかった〜!と心から思う瞬間です。


私はいつも、昆布と椎茸でだしをとっているのですが、
そのたびにだし殻が出るので、何かよい活用法がないかと考える日々。

だしをとった後の昆布や椎茸には、
ミネラル食物繊維をはじめとした栄養がたっぷり残っているそう…!

そんな訳で、
だし殻の昆布と椎茸をいかにおいしく食べるか?
は永遠のテーマだと思うのです。

今回は、アンデス原産の雑穀「アマランサス」とくるみを使った、
「子持ち昆布」風の佃煮をご紹介します!

だしをとった後の昆布と椎茸で作る、ごはんがすすむ甘辛佃煮☆

材料

・だしをとった後の昆布と椎茸 合わせて200gぐらい
・アマランサス 80g
・くるみ 40g
・醤油 大さじ2〜
・みりん 大さじ2〜
・水 1.5カップ〜

つくりかた

①アマランサスは、パチパチはぜるまでさっとから煎りする。


②昆布、椎茸、みりん、水を加え、フタをしてアマランサスに火が通ってとろみがつくまで(15〜20分ほど)煮る。


③くるみと醤油を加え、全体を混ぜ合わせて味が染みるまで(10分ほど)煮る。


できあがり!


甘辛味が染み込んでジューシーな昆布と椎茸は、
だしをとった後とは思えないほど、うまみがたっぷり。

たらこのようなプチプチした食感のアマランサスと、
コリッとしたくるみもよく合い、お箸が止まりません♡

ごはんに、山盛りのせていただきます(*^人^*)


今日のごはんは、黒ごま入りの玄米ごはん。

ごはんと佃煮の相性がバツグンで、ついついおかわりしてしまいます!


全体の食卓はこんな感じ♪


お味噌汁、青菜の海苔醤油炒め季節野菜の胡麻ネギだれ、納豆の醤油漬けでした^^

いつも変わり映えしない感じですが、
飽きないのですよね…♡

今回ご紹介した佃煮は、
たくさん出た昆布と椎茸があっという間になくなってしまうほど、
食べやすい〜!と家族からも好評でした。

昆布と椎茸はそのつど冷凍しておいて、
ある程度たまってから作るのがオススメです♪

ぜひお試しください…!

Sponsored link


ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織

このサイトの運営者でフリーライター。京都で学生時代を過ごし、東京で編集の仕事を経て、千葉県鴨川市にUターン。マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送り、色鮮やかな野菜たちと戯れるのが一日の喜び。これまでの主な肩書き・活動は、インナービューティープランナー®/正食クッキングスクール師範科修了/マクロビオティック月刊誌「むすび」に連載など。