野菜寿司いろいろ、11種類作ってみた!

色鮮やかな夏野菜たちで、野菜寿司を作ってみました!

酢飯は、陰性▼が強い米酢でなく梅酢を使うことで、身体を冷やしすぎず夏バテしにくく。

この季節重くなりがちな玄米も、さっぱり頂けます♪

↓私お気に入りの梅酢 
サラダのドレッシングや、夏はおにぎりの手水にも! 傷みにくくなるのでおすすめ。

さて野菜寿司、当初はこんなに何種類も作るつもりはなかったのですが、作っている最中に色々思いついてしまい結局11種類も…。笑

いつもよりちょっと長いですがお付き合いくださいね!


●玄米酢飯:玄米ごはんに梅酢と炒り白ごまを切るように混ぜ込み、二口大ほどににぎる。

(左手前から順に)

●ズッキーニとミニトマトの軍艦:ズッキーニはピーラーでスライスし、軍艦のように巻く。ミニトマトは半分にカットして上に載せる。

●アボカド:種を取りカットし、海苔の帯で巻く。

●茗荷の梅酢漬け:熱湯でさっと茹でて梅酢に漬けておく。

●キュウリ:ピーラーでスライスして塩揉みし、ピンクペッパーを載せる。

●トマト:皮をむき、カットして載せる。

●梅と紫蘇:紫蘇を酢飯に巻き、練り梅を上に載せる。

●茄子の揚げ浸し:切り込みを入れて多めのなたね油で揚げ焼きし、醤油・酢・レモン汁・メープルシロップ少々を合わせたタレに漬けておく。

●南瓜:塩を振って蒸し焼きする。

●ズッキーニ:なたね油でこんがり焼き、塩を振る。

●オクラとクルミ味噌:オクラは熱湯でさっと茹で、クルミ・麦味噌・白味噌・だし汁(水でも)をすり鉢ですり合わせたクルミ味噌を上に載せる。

●湯葉:カットして酢飯に載せ、上に柚子胡椒を載せる。

お寿司のタレは、醤油や練り梅などお好みのものでどうぞ。

揚げ浸しのタレを付けても、爽やかで美味しく頂けます。

こんなに集中して料理したのは久しぶりだったので、いい気分転換になりました~!

それにしても、夏野菜はカラフルで心が踊りますね♪

一種類だけでもかわいい野菜寿司、とっても簡単で楽しいのでぜひお試しください。

【追記】

この野菜寿司が、webメディア『grape』の海外版に掲載されました!

こちらから全文をご覧いただけます。

▼関連記事

▼野菜のお寿司レシピのおすすめ本!

ベジタリアンの多い海外の方にも、大人気の野菜寿司。

魚のお寿司よりもカラフルでフォトジェニックに仕上がるので、おもてなしにもぴったりですね!

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの運営者でフリーライター、ヴィーガン料理家。8年ぶりに千葉県鴨川市の実家に戻り、田舎暮らし満喫中。目下のマイブームは野草料理で、好きな野草はよもぎとつくし。一日一食、温冷浴、裸眠などを実践する健康オタクだが、板についてしまった夜型生活はなかなか改善せず。