ある日のこんだて。我が家の畑事情と、夏野菜たっぷりの一汁三菜。

あっという間にもう7月。
夏至も過ぎて、蒸し暑い日が続きますね。

我が家では、畑の夏野菜が獲れ始めました!

毎日の畑仕事は主に母(とたまに父)がやっていて、
私(@saoriyomogi)はあまり手伝わないのですが、
毎日様子だけは見に行き、
ちょうどよく育った野菜を収穫するのが好きです(いいとこどり…。笑)


さて、そんなある日のこんだて。

*玄米ごはん+ゆかり

*じゃがいも、わかめ、玉ねぎ、人参のお味噌汁

*ズッキーニと玉ねぎの醤油麹炒め

*トマト、アスパラ、スナップエンドウの玉ねぎドレッシングサラダ

*キャベツ、えのき、人参の塩麹蒸し


作り方を書くまでもないようなカンタンなものばっかりですが、
とれたて野菜の美味しさは格別。

太陽の下でピカピカに育った夏野菜たちから、
毎日たくさんエネルギーをもらってます


そういえば、先月の「東京蚤の市」で購入した、
やちむんの長皿をおろしました〜!

想像以上に使いやすくて、ヘビロテの予感です。

やっぱり、沖縄の土っぽくて手作り感溢れる器が大好き。

▼関連記事

ほかにも、茄子、ピーマン、オクラなどが毎日どんどんとれます。

もうすぐ食べごろのズッキーニ。


かわいい。。

特にズッキーニと胡瓜は成長が早いので、
毎日目が離せません!

8年間、京都と東京で都会?暮らしをしていた頃は
基本的に「野菜=買うもの」でしたが、
その頃には感じられなかった豊かさを、今感じています。

暑くても、これからはもうちょっとお世話しようかな!?笑


ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織(おおくにさおり)

このブログの運営者でフードライター、料理家。15年前から、マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る(生まれてから一度も薬を飲んだことがないのがひそかなプチ自慢)。京都で7年の学生時代を過ごし、東京で料理雑誌の編集を経て、自然豊かな千葉県鴨川市にUターン。最近のマイブームは野草料理で、特に好きな野草はよもぎとつくし。