ある秋の日のこんだて。栗ごはん、根菜のおかずいろいろ。

たまにはある日のこんだてでも載せようと思いつつ、最近なかなか落ち着いてごはんの写真が撮れていない私(@saoriyomogi)なので、先月下書きしておいた記事を発掘してみました。

そうしたら、なんと下書き状態の記事が30本以上もあってびっくり仰天!

大体書けたけど、とりあえず保存して後で更新しよう…ということはよくやりがちなのですが、まさかこんなにたまっていたとは。このままお蔵入りは勿体ないので、少しずつアップしていこうと思います。笑


さて、ある秋の日のこんだて。


*栗ごはん

秋の訪れを実感させてくれる食べ物No.1の栗ごはん!
玄米と一緒に、圧力鍋で炊きました。


ほっくり甘くて幸せ〜。
栗の下処理はなかなか大変ですが、そんな苦労も吹き飛ぶ美味しさ。


*根菜の味噌汁

根菜がごろごろ入ったお味噌汁が大好きで、寒くなってくると食べたくなります。
この日は、ゴボウ、人参、れんこん、さつまいも、玉ねぎ、出汁をとった昆布と椎茸もそのまま一緒に。笑


*大根、インゲン、人参、ネギの中華炒め

千切り生姜と一緒に炒めて、仕上げに醤油とごま油たらり。


*ゴボウの味噌煮

トッピングは麻の実ナッツ。
ゴボウが大好きな私はこんなかわいい量では物足りなくて、これの3倍ぐらいは欲しいところ。


*畑野菜の塩麹蒸し

まだ最後の夏野菜が獲れていたので、玉ねぎとれんこんと一緒に、塩麹を乗せて蒸し煮。
どんな野菜で作っても、甘みが増して美味しいです。


それにしてもこんな一汁三菜の日には、やちむんの横長皿が便利ですね。
これは東京蚤の市で購入したもの。

思い切って柄違いでもう一枚揃えたのですが、とても重宝しているので買ってよかった〜。


窯元は、読谷村(よみたんそん)の一翠窯(いっすいがま)さん。

今度沖縄に行ったら、直接工房を訪れたいなぁ。

ABOUTこの記事をかいた人

大国 沙織(おおくにさおり)

このブログの運営者でフリーライター、料理家。15年前から、マクロビオティック、ビーガン、菜食中心のライフスタイルを送る(生まれてから一度も薬を飲んだことがないのがひそかなプチ自慢♪)。京都で7年の学生時代を過ごし、東京で料理雑誌の編集を経て、自然豊かな千葉県鴨川市にUターン。最近のマイブームは、これぞ田舎暮らしの醍醐味!野草料理で、一番好きな野草はよもぎ。